ベスパにヤマハやホンダのリードバルブを付けてみた その2

  • 2015.09.13 Sunday
  • 01:55
んー 端折りすぎて 説明責任を果たしてない と ご意見をいただきましたので
ゆるーく 解説してゆきます。

準備9割 作業1割 昔の人は旨いこと言いますよね、、、
ほんと そんな感じがします。
先ずは リードバルブが全開の時の最大容量を確保するため
このように 絶対 ぜーったい 確保しなくちゃならない空間を
こさえます 2回おなじことを言うのは 大切なことだからでーす。
 



次に インテークマニホールドの入り口になるところの基準を作ります。
まー 動かなければOKですが 何度も使えるように それなりなもので
その場を収めていただきます。


このような感じで 使われてゆきます。


さて インマニの位置がわかれば 後は、、、
クランクに出来るだけ近いところに リードバルブを付けたくなるのが人情!

さて! オーナーの熱い思いを満たすように
クランクケースの加工をいたします、、、。

クランクケースの加工とは!
リードバルブが 治められるように
アルミの硬い壁を 壊してゆくんです

ええー えー やりすぎ じゃ ね と言う感じに、、、。
でも 諦めません 諦めたら そこで 終わりですからね、、、。

諦めが悪い画像が こちらです。



これでも足りなくて まだまだ 穴を大きくしたんですよw
 
と言う感じに 不安要素 満載で 具合悪いまま 進んでゆくのですが、、、。



でも 今日は ここまで!!

この次が気になる方は 次回をお楽しみにネ

小野寺
    

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM